TOP > 外国人技能実習で学ぶこと

外国人も沢山日本に来て働いているような人はいます。自分の国では多くを稼ぐことが出来ないのであれば、短期間だけでも日本にやってきて、仕事を覚えて帰ることによって、職にも困らなくなりますし、たくさんのお金を稼ぐ事ができるようになるのです。

カンボジアの研修生のサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

そのためにも、外国人技能実習を設けてあります。
外国人技能実習は企業側が学びたいと考えている外国人を受け入れて仕事を教えていくようになりますが、いくらでも思う限りの人数を受け入れてもいいというものでもありません。

あまりにも受け入れる人数が増えてしまえば、じっくりと研修を刺せてあげられなくもなりますし、手取り足取り教えてあげることも出来なくなります。



技能実習をする時に受け入れ可能な人数としては、企業で働く常勤の看護師がどのくらいいるのかによって変わってくるようになります。



例えば、50人以下の職場なのであれば、1年間で受入れ可能な技能実習生の人数は3人と少なくなってしまいます。

そして、51人以上100人以下の場合は、受け入れられる人数が6人といった風に、従業員の数が多ければその分たくさんの人数を受け入れることが出来るようになるのです。

実習生を受け入れるという事は、受け入れる企業にとってもメリットがあります。実習生を受け入れることによって、企業の中でも国際化が進むようになりますので、視野も広がってくるようになります。
技能実習は、お互いにいい刺激を与えながら働くことが出来るようになるのです。